スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカテスト解説!(保健体育と数学・7.5-b) 霧島さんの体重を算出せよ!

バカテスト解説&間違い直し! 第8弾!

今回は、ファミ通文庫のHPで先読みできる
『バカとテストと召喚獣7.5』(※発売日→2/27)中の
短編「僕とダウトと男の尊厳」
本文中から気になる箇所をピックアップしてみたぞ!

まずは、ココで本文を読んでから、解説を見てくれ!


バカテスト解説はコチラ。


今回の短編は、トランプゲーム「ダウト」を題材にしていますね!

私はまだ幼いころ、友達3人とダウトで遊んでいたとき、

自分が今出すべきカードの番号は、当分出すことはない(13ターン経過するまで出すことはない)こと、

そしてさらに、これはダウトを3人でやろうが、5人でやろうが成り立つということに気付いて、えらく感動したものです。


下の図を参照。
例えば、4人でダウトをプレイし、自分が「A」を出すべきところから始まったとする。

すると、不思議なことに、AからKまで13ターンで重複なく出さねばならないことになる

3人でプレイしても、5人でプレイしても、もちろん6人でプレイすることになっても、重複は起こらない!

トランプゲーム「ダウト」と合同式(mod・モデュロ)の関連性

↓これを続けると…

トランプゲーム「ダウト」と合同式(mod・モデュロ)の関連性(つづき)

すべて塗りつぶせる!(見にくいけど…)
つまり「A」を出したら、次に出す順番が回ってくるのは、常識的な人数でプレイするなら、何人でやっても13ターン後だ!


まあ、今、整数論的に考えてみると、それは当たり前のことで、
全ては、「13」という数字が素数であることに帰着するわけで、ダウトを13の倍数の人数でプレイしない限りは(そんなに大人数でやることはないよね!)A~Kまで満遍なく出すことになるわけです。

これが、私の「合同式(mod・モデュロ・モッド)」の概念に気付いた(?)初めての出来事で、東京出版(大学への数学を出してるトコ)の
マスター・オブ・整数(↓コレ)

マスター・オブ・整数―大学への数学

の62ページで上に描いた図とほぼ同じ図を見て、えらく感動したのを覚えています。

すなわち、「mod p(pは素数)での倍数の均等性」を身をもって発見した(?)わけです。

証明は簡単にできますね。「マスター・オブ・整数」に証明が2つ載っていますが、そのうちの1つを簡単に紹介しておきましょう。


「 i , j を1から13までの整数で、 i > j とする。
このとき、トランプゲーム「ダウト」を4人で遊ぶとすると、 i 回目に出すべきカードの番号と、 j 回目に出すべきカードの番号が異なる」こと
背理法で示す。

もしも、万が一にも、そんなことはありえないんだけど、
i 回目に出すべきカード番号と j 回目に出すべきカード番号が同じだとすると、

  4i ≡ 4j (mod 13) ← 4i と4j を13で割った余り(剰余)は等しい。

∴ 4(i-j) ≡ 0 (mod 13) ← 4(i-j)を13で割った余りは0である。(13で割り切れる)

∴ i-j ≡ 0 (mod 13) …【☆】 ← 4は13の約数ではないから、
(i-j)を13で割った余りは0である。(13で割り切れる)

ここで、i-j は(「 i , j を1から13までの整数で、i>j とする」と条件をつけたため、)1以上12以下の整数であるから、【☆】に矛盾。

よって、背理法により題意は証明された!(Q.E.D.



そもそも、確立論なんかは、トランプとかの賭け事の期待値なんかを求めるためなんかに発達した(?)わけですから、トランプも奥が深いんですねぇ。



にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
にほんブログ村
↑Chemquiryの専門は、ホントは化学なんですけどね(汗)
応援のクリックをお願いします!

 
スポンサーサイト

テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : バカとテストと召喚獣 バカテスト ダウト mod

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Chemquiry

Author:Chemquiry
 
化学の探求 ~Chemquiry~ ブログへようこそ!

Chemquiry・本家HPはこちら!


このブログは、悠久の彼方へと旅立った、かつての部員を偲びながら、

私「部長」が、「化学グランプリ」や「化学オリンピック」を中心とした化学的話題を提供しつつ、

なぜか『バカとテストと召喚獣』などのアニメについて学術的(笑)にツッコんでいっちゃう、意味不明なブログ

……なのですが、結構本人はマジメにやってるのでした。


でも、やっぱりメインは化学なんだなあ(↓)

にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。