スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学グランプリ2009 講評&分析

<総括>

難易度(昨年比): 昨年並
分量(昨年比): 昨年並


<総論>

第1問、易化。
第2問、やや易化。
第3問、去年と同じくらい。
第4問、まあ昨年比なら、難化。(かつての難易度には及ばない)

全部あわせて、昨年並かな。
大問内も、後に進むほど難しくなっていく…と見せかけて、
間に超簡単な問題が挟まっていたりする。

ま、当然と言えば、当然かもしれないが、
私立系が公立よりも、
高3が、高2以下よりも、
より有利に働くような問題。

また、背景知識をあらかじめ持っていれば、非常に有利に働く。
(特に、第2問の有機!)


で、今回の化学グランプリ2009の問題は、
ひっかけ問題も、ほぼないに等しく、
計算問題もそれほど難しくなく、
問題の前後に大量にヒントが散りばめられていたので、
「できる」人には、本気で満点を狙えるラインナップでしょう。

もしかすると、去年より、一次突破最低点は上がるかもしれませんね。


<一次選考突破への学習対策>

背景知識を増やす。
→ 一次試験 突破のための攻略法・概説版

あと、大学受験の化学の勉強も、有効かと。
(ただし、アホな化学の問題を出す大学の問題はたくさん解いても実力はつかない。K大←京都じゃないよ、とか。)


では、次回から設問別の分析をば。


にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
にほんブログ村
↑応援のクリックをよろしくお願いします!
 
スポンサーサイト

テーマ : 科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 化学グランプリ 講評 一次選考 難易度

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Chemquiry

Author:Chemquiry
 
化学の探求 ~Chemquiry~ ブログへようこそ!

Chemquiry・本家HPはこちら!


このブログは、悠久の彼方へと旅立った、かつての部員を偲びながら、

私「部長」が、「化学グランプリ」や「化学オリンピック」を中心とした化学的話題を提供しつつ、

なぜか『バカとテストと召喚獣』などのアニメについて学術的(笑)にツッコんでいっちゃう、意味不明なブログ

……なのですが、結構本人はマジメにやってるのでした。


でも、やっぱりメインは化学なんだなあ(↓)

にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。