スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカテスト解説!(8巻最終問題) モンキーハンティング、略して「モンハン」

バカテスト解説&間違い直し! 第26弾!

モンハンの新作が月の初めに発売され、また廃人を量産してるんだろうなぁ、と思いつつバカテスト解説。

今回は「モンキーハンティング」、つまり「モンハン」ですね!

8巻の最終問題(第6問)です。


記事本文はコチラ。


「モンキーハンティング」とは、「サルゲッチュ」とも呼ばれる物理実験問題で、銃の発射と同時に木から自由落下し始めるサルに弾丸を衝突させるためには、どのような初速度や角度の条件が必要なのかを求める問題です。

モンキーハンティングにおいては、ハンターがどんな高さにいようと(例えサルよりも高い位置にいても)最初に銃口をサルの方向に向けておけば、サルに弾丸を当てることができるよ、というのがこの問題の解になるわけですが、これをニュートンの運動方程式から導出する、というのが今回のバカテスト解説の主眼です。

今回のバカテストに登場するのはモンキーハンティングにおけるθ=0 の場合です。サルと同じ高さから銃を撃ってますからね。


それにしても、サルは弾丸が接近しているものの「緊急回避」をすることもできずに、重力のなすがまま自由落下するしかないのです。空中では身動きが取れないから安易に飛び上がるべきではない、とはよく言ったものです。


そんなモンキーハンティングですが、実験装置で再現しようとすると、これがなかなか難しい。

実際の実験で用いる物体は質点(大きさを持たないただの点)ではなく大きさを持った剛体なのだから、当てやすくなるかと思いきや、実際には二次元方向だけではなく「奥行き」という三次元目の方向が出現するがために当たらなくなってしまったり、そもそも二次元方向さえも合わなかったり、と散々ですね。


でも、ハンティングに成功したときのカーンという爽快な音はなかなかのものですよ。

アニメ考察・研究へ"
↑応援のクリックをお願いします!
 
スポンサーサイト

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : バカとテストと召喚獣 バカテスト モンキーハンティング モンハン

プロフィール

Chemquiry

Author:Chemquiry
 
化学の探求 ~Chemquiry~ ブログへようこそ!

Chemquiry・本家HPはこちら!


このブログは、悠久の彼方へと旅立った、かつての部員を偲びながら、

私「部長」が、「化学グランプリ」や「化学オリンピック」を中心とした化学的話題を提供しつつ、

なぜか『バカとテストと召喚獣』などのアニメについて学術的(笑)にツッコんでいっちゃう、意味不明なブログ

……なのですが、結構本人はマジメにやってるのでした。


でも、やっぱりメインは化学なんだなあ(↓)

にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。