スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バカとテストと召喚獣にっ!」第13問(最終回)

最近は、最終回放送終了後に「映画化決定!」とか「続編放送決定!」とかが来るんじゃないかと、ついつい期待してしまうところですが、バカテス2期に関しては、残念ながら映画化も3期放送決定の告知もありませんでした。

まあしかし、原作の売れっぷりを考慮すれば、3期はやるでしょう。
一体どこが面白いのかさっぱり分からないアニメだってアニメ化されるんです。ましてそんなアニメとは段違いに面白いバカテスの続編が作られないはずがないですな。


<アイキャッチのバカテスト>

第13話、CM前後(アイキャッチ)のバカテスト【第13問】では、原作第4巻第3問のバカテスト(バカ恋愛心理テスト)が掲載されてました。

心理テストさえもギャグに使ってしまうところが素晴らしいですね!



「バカとテストと召喚獣にっ!」第13話エンドカード~一人と二人どっちが素敵?

↑一人と二人、どっちが素敵?



~結論~

3期マダー?

タイトル予想
『バカとテストと召喚獣さん』
『バカとテストと召喚獣さんっ!』
『バカとテストと召喚獣さんっ!!』
『バカとテストと召喚獣さんっ!?』
『バカとテストと召喚獣さんっっ!』

流石に捻りがないか……?


他のバカテスト解説は
バカテスト解説&間違い直し!
からどうぞ。


↓ついでにクリックで応援もお願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : バカとテストと召喚獣 バカテスト アイキャッチ 3期

バカテスト解説―「バカとテストと召喚獣にっ!」第13問次回予告「ここまでの問題を見直し、解答の満足度を答えなさい」

【第13問】

 問 心を落ち着けてここまでの問題を見直し、
解答の満足度を答えなさい。



 姫路瑞希の答え

『できる限りの事をやったという意味では満点ですが、
気を抜く事はできないので、何度見直しても
満足とはいえません』


 教師のコメント

 さすがですね、姫路さん。
常に完璧であると言う誇りと、自分は完璧である
という奢りを戒める厳しさは、背反するように
思えますが、両方とも大切なことです。
いつも100%の仕事をしていると言う職人さんもいれば、
永遠に100%に達する事はないという職人さんもいます。
どちらも素晴らしい意識です。


 吉井明久の答え

「名前は絶対合ってま~す」


 教師のコメント

 間違える方が難しいです。


 次回予告

 バカとテストと召喚獣っ!


「バカとテストと召喚獣にっ!」第13問次回予告~猫又秀吉

↑猫又秀吉


~バカテスト解説!~

>心を落ち着けてここまでの問題を見直し、解答の満足度を答えなさい。
そりゃもう、大満足でしたとも。
スタッフの皆様には、本当にお疲れ様でしたと言いたいですね。


教師のコメント、について

日本では「出る杭は打たれる」的な、自らを驕り高ぶるような人は叩かれる風潮が未だに根強く残っているせいで、あまり積極的に物事に挑戦しない、草食系、とでも呼べばいいのか、そんな人が多い印象ですが、個人的には、もっと自信を持って様々な物事にチャレンジしていってもいいんじゃないかと思います。

……と、自分にも言ってやりたい(爆)。

やー、自分では何もやらない、できないくせに、知ったかぶって陰口だけ叩くような人間にはなりたくないものです。

やっぱ人間、何事も鍛錬ですな。


~結論~

名前書き忘れて0点なんて都市伝説。
――そう思っていた時期が私にもありました。



<アイキャッチのバカテスト>

第12話、CM前後(アイキャッチ)のバカテスト【第12問】では、原作第7巻第3問のバカテストが掲載されてました。

漢文とか懐かしいな。

「バカとテストと召喚獣にっ!」第12話アイキャッチ~ヴァンパイア・ムッツリーニ

↑ヴァンパイア・ムッツリーニ


他のバカテスト解説は
バカテスト解説&間違い直し!
からどうぞ。


↓ついでにクリックで応援もお願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
にほんブログ村
 

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : バカとテストと召喚獣 バカテスト 次回予告 満足

バカテスト解説―「バカとテストと召喚獣にっ!」第12問次回予告「得体の知れない集団が我が物顔で振る舞う様子を何と呼ぶ?」

【第12問】

 問 以下の問いに答えなさい。


 得体の知れない集団が
我が物顔で振る舞っている様子を何と呼ぶでしょう。


 姫路瑞希の答え

『百鬼夜行』


 教師のコメント

 正解です。さすがですね、姫路さん。
その昔、妖怪や魑魅魍魎が群れをなして歩く事を
そう呼んでいた頃から、転じて、このように呼びます。


 須川亮の答え

『もてる奴は敵じゃ――っ!』


 教師のコメント

 あなた方の事です。


 次回予告

 バカ道化鎮魂歌レクイエムっ!


「バカとテストと召喚獣にっ!」第12問次回予告~幼少時の霧島翔子

↑幼少時から片鱗が……?


~バカテスト解説!~

今回のバカテストの答えは、「得体の知れない手段が我が物顔で振る舞う様子」ということで、「百鬼夜行」という答えの他、「跳梁跋扈ちょうりょうばっこ」という答えでも正解でしょう。

ちなみに「妖々跋扈」は造語です。東方の楽曲ですね。間違えて解答用紙に書くと、東方厨であることが教師にバレるので注意しましょう。橙ぇぇぇぇぇぇん!!


人里離れた山の中に行くと分かりますが、明かりのない夜というのは本当に暗い。唯一の光源である星の光までもが失われてしまえば、もうそこは妖怪や魑魅魍魎どもの世界です。シャーマニズムが長く社会に根付いていたのも当然のことと言えるでしょう。都心からでも数時間あれば闇の世界へは行けてしまうので、百鬼夜行を体験したい方はぜひ行ってみるといいでしょう。



~結論~

( ゚∀゚)o彡°どーまん!せーまん!どーまん!せーまん!



<アイキャッチのバカテスト>

第11話、CM前後(アイキャッチ)のバカテスト【第11問】では、原作第6巻第6問のバカテストが掲載されてました。

……個人的にはこのアイキャッチのバカテストは、原作通りの場所で使って欲しかったと思う。


他のバカテスト解説は
バカテスト解説&間違い直し!
からどうぞ。


↓ついでにクリックで応援もお願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
にほんブログ村
 

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : バカとテストと召喚獣 バカテスト 次回予告 百鬼夜行 魑魅魍魎

バカテスト解説―「バカとテストと召喚獣にっ!」第11問次回予告「幼い頃に親しくしていた人の事を何と呼ぶ?」

【第11問】

 問 以下の問いに答えなさい。


幼い頃に親しくしていた人の事を何と呼びますか?


 姫路瑞希の答え

『幼馴染み』


 教師のコメント

 正解です。さすがですね、姫路さん。
姫路さんは幼馴染みはいますか?
若い頃に仲の良かった友人には、一生仲良しでいられる
人がたくさんいます。大人になってからでは得るのが
難しい宝物です。
今のうちに、たくさんの友人を作っておきましょう。


 坂本雄二の答え

『おさななじ――うががががががががががが!』


 霧島翔子の答え

『いいなづけ』


 次回予告

 雄二翔子幼い思い出


「バカとテストと召喚獣にっ!」第11問次回予告~姫路瑞希のお料理教室

↑姫路瑞希のお料理教室


~バカテスト解説!~

「幼馴染み」ですか、いい響きですね!

確かに、古くからの友人には本音も話しやすいですし、非常に得難い宝物です。
大人になるにつれて、どうしても表面上だけの付き合いも増えてきてしまって、本音ではなく建前で話をしなければならない場面が増えてきてしまう印象です。

常に「コネ」を求めて、ただただ人脈を広げるためだけに仲良くなる、名前を覚えてもらう……。そんな上辺だけの人間関係の取り繕いが私は嫌いですねぇ……。ただのコミュ障かもしれませんが(笑)。

衝撃的だったのは、仲のよい文系の人と話をしていて、その人が「縦や横とのコネクションを作るためにサークルやゼミに参加している」と言っていたことでしょうか。
文系の人には当たり前のことなのかもしれませんが、どうしても自分の感覚だと、サークルやゼミなんかはあくまでも楽しむことが第一であって、自分が楽しみ、また自分と同じ趣味を持った人と交流することで、他人とその楽しみを分かち合うものであるとの認識が強いのです。
コネ作りを一番に掲げてサークルなどに参加するというのは、もちろん楽しんではいるのでしょうが、何かちょっとずれているようにも思ってしまいます。
アレでしょうか、就職面接のときに「テニスサークルの部長をやっていて、サークル内の揉め事を解決しました」なんていうアレをやりたいんでしょうか(笑)。テニサーなんて雨後の筍のごとく大量にあるというのに。
まあそんな古典的な方法を就活でやる人なんていないとは思いますが、実際、このご時世、就活は本当に厳しいらしいですし、やはりコネが重要視されるんでしょうね。


~結論~

俺の幼馴染みが毎朝起こしに来てくれるわけがない。



<アイキャッチのバカテスト>

第10話、CM前後(アイキャッチ)のバカテスト【第10問】では、原作第4巻第6問のバカテストが掲載されてました。

心理テスト……まあこじつけですな。
しかしまあ、人の心の研究というものは、なかなか面白いですよね。


他のバカテスト解説は
バカテスト解説&間違い直し!
からどうぞ。


↓ついでにクリックで応援もお願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
にほんブログ村
 

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : バカとテストと召喚獣 バカテスト 次回予告 幼馴染み

バカテスト解説―「バカとテストと召喚獣にっ!」第10問次回予告「味噌に足りない栄養素とそれを補うため味噌汁に入れると良い具材は?」

【第10問】

 問 以下の問いに答えなさい。


味噌に足りない栄養素と、それを補うために
味噌汁に入れると良い具材の例を上げなさい。


 吉井明久の答え

『ネギ』


 教師のコメント

 正解です。
他にもタマネギや春菊などのビタミンCが含まれる
野菜が良いでしょう。味噌はビタミンB群が豊富で、
大豆蛋白質も含まれるのでとても健康に良いです。反面、
塩分が多めですので、塩分の取りすぎに注意しましょう。


 姫路瑞希の答え

『ビタミンC オレンジ 塩酸』


 教師のコメント

 それは料理ですか?


 次回予告

 恋路恋愛術っ!


「バカとテストと召喚獣にっ!」第10問次回予告~ハートの片割れ瑞希サイド

↑ハートの片割れ・瑞希サイド


~バカテスト解説!~

味噌といえば、「料理のさしすせそ」において「ソース」にその地位を奪われつつあるものの(?)、日本料理に欠かせない調味料として、今日でも欠かすことのできない食材ですね!

特に、明治になるまで肉をほとんど食べなかった日本人にとって、味噌(の原料である大豆)は貴重なタンパク質の摂取源で、調味料というよりも主食の食材、保存食といった意味合いが強かったようです。

そして味噌汁、今日では日本食ブームに乗って"miso soup"として世界中で食されるようになった料理ですが、足りない栄養素とは……?

何か変な問題です。「味噌に足りない栄養素」と言われれば、そりゃタンパク質とかビタミンB1とかカルシウムとか以外、と答えるしかなくなってしまうので、この問題は「味噌と豆腐だけの味噌汁で摂取できない栄養分を取るための具材の工夫の例とその栄養素を答えなさい」的な問題にすると題意が明白だったかもしれません。

さて、五大栄養素「炭水化物」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」を考えたとき、味噌汁にはどうやら「ビタミン」やら「ミネラル」やらがちょーっと不足してそうですね。

炭水化物が足りない? ご飯でも入れて、ねこまんまにでもしておけ!

というわけで、ビタミン、ミネラルを摂取するために味噌汁に入れるものといったら、野菜・海藻系の食材!

具体的に言えば、ネギやらワカメやらになるわけですな。

人参なんかも一緒に入れると、色どりという点でも綺麗になるかもしれません。

料理は見た目も大事ですからね!


他にも、味噌汁には貝を入れることもありますね。中でもシジミの味噌汁は二日酔いに効くとして重宝されていますね。その効用のほどは意見が分かれるところかもしれませんが、少なくともウコンの摂取よりはよっぽどいいでしょう。

ところで、上で味噌と豆腐だけの味噌汁、なんて書きましたが、味噌汁に豆腐を入れない家庭も普通にあるようで、ちょっとしたカルチャーショックでした。



~結論~

姫路瑞希の答えの「オレンジ」というのは、この流れだとおそらく指示薬の「メチルオレンジ(MO)」のことなんだろうなぁ……。

つまり、「塩酸」で酸性側に大きく偏って、赤色を呈するというわけですね、わかります。



<アイキャッチのバカテスト>

第9話、CM前後(アイキャッチ)のバカテスト【第9問】では、原作第4巻第1問のバカテストが掲載されてました。

ハートフル(heartful)という単語は和製英語ですね。欧米で使われている例を私はまだ見たことがないのですが……、どうなんでしょう?

「バカとテストと召喚獣にっ!」第9話アイキャッチ~「バカとテストと召喚獣にっ!」第9話アイキャッチ~ハートの片割れ美波サイド

↑ハートの片割れ・美波サイド


他のバカテスト解説は
バカテスト解説&間違い直し!
からどうぞ。


↓ついでにクリックで応援もお願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
にほんブログ村
 

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : バカとテストと召喚獣 バカテスト 次回予告 味噌汁 栄養

プロフィール

Chemquiry

Author:Chemquiry
 
化学の探求 ~Chemquiry~ ブログへようこそ!

Chemquiry・本家HPはこちら!


このブログは、悠久の彼方へと旅立った、かつての部員を偲びながら、

私「部長」が、「化学グランプリ」や「化学オリンピック」を中心とした化学的話題を提供しつつ、

なぜか『バカとテストと召喚獣』などのアニメについて学術的(笑)にツッコんでいっちゃう、意味不明なブログ

……なのですが、結構本人はマジメにやってるのでした。


でも、やっぱりメインは化学なんだなあ(↓)

にほんブログ村 科学ブログ 化学へ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。